予算2000円~3000円以下!おしゃれなアウトドアギフト2019

山道具
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「アウトドアを始めた人に」におすすめのギア

予算は送料込みで2,000~3,000円!アウトドア好き、登山初心者目線で、誕生日やサプライズ、プレゼント交換で喜ばれそうなアイテムを集めました。

今回は、自分がもらったら嬉しいものや、自分で買うほどではないけどあったら嬉しいもの、ちょっと贅沢なものなどがセレクトポイント。

実際にプレゼントしたことのあるものや、そのプレゼントを選ぶポイントも記載してみました。

※この記事は、2019.12.03にギフト商品を見直し、再構成しています。掲載金額はリサーチした時期のものです。お店ごと時期によって変動があるかもしれませんので、あくまで目安として活用してください。

我が家(嫁視点)の選ぶポイント

  1. 相手のライフスタイルややりたいことに役立つもの
  2. アウトドアだけでなく日常生活でも出番のあるもの
  3. 相手に負担のかからない(価格・サイズ)のグッズ
  4. 自分で買うにはちょっと(高い?贅沢?)なグッズ
  5. 自分より経験豊富な人からもらったら嬉しいもの

プレゼントを贈る相手にもよりますが、基本的には上記の点をポイントに、相手のことを考えながら選びます。プレゼント選びの時間は楽しくもあり、時間がないときは、あす楽対応のものから限定して選ばなきゃ!なんて…悩むときも(笑)。

あとは、誕生日など毎年続くもの、また自分もお祝いしてもらう機会があるときなど、相手との付き合いも考えつつ、ライフステージが変化しても、お互いに負担にならない予算で贈りたいなと思っています。

今回はオススメギフト紹介のほかに、価格、あす楽対応、配送料もまとめてみました。すぐに届くギフトをお探しの皆さん、是非チェックしてみてくださいね♪

予算3000円以下のおしゃれなアウトドアギフト

相手の趣味に合わせて見た目や機能で選ぶマイボトル

アウトドア、キャンプ、ランニング、オフィスなどいろんなシチュエーションの中で使えるマイボトル。
登山だと軽さと機能のバランスが重要ですが、キャンプやオフィスなら映えるデザインが喜ばれるかも!

※送料や増税の関係で少しオーバーしちゃうものもあります。

人気のマイボトル送料と配達目安一覧

メーカー名 値段 送料
Hydro Flask/ハイドロフラスク/354ml 3,300円 送料無料※12時まで当日発送
STANLEY/スタンレー/230ml 3,080円 送料無料※14時まで当日発送
NALGENE/ナルゲンボトル/500ml 1,405円 700円※1-2日以内発送
Thermos/サーモス/750ml 2,380円 650円※13時まで当日発送

※2019.12.03現在。送料はショップから大阪までの配送料で計算。

Hydro Flask ハイドロフラスク

 

ハワイで人気のステンレスボトルブランド!ハイドロフラスク。18/8ステンレス鋼でとにかく丈夫なことがウリ。誕生日プレゼントで我が家にREDとGRAYがあります。あと、ハワイ限定のWHITE(別サイズ)もいただきました。重量を考えると登山向きではありませんが、車のドリンクホルダーにちょうど良いサイズ!カラーやデザインが可愛いのでプレゼント映えします。※実際に使ってみると保温保冷の機能は、国産(山専とかサーモス)に比べると弱く、熱いと感じる時間は2時間弱くらい。保冷は半日くらいかなという印象です。

 

STANLEYスタンレー 真空スイッチマグ 0.23L

頑丈で硬派なビジュアルがカッコいいスタンレー。「高度12000mから落としても割れない」といわれたり、孫の代まで使える(長持ちする)水筒としても有名。いろんなサイズがありますが、一番小さいタイプなら3000円ちょいから買えます。

 

NALGENEナルゲンボトル

プロアマ問わず登山用に愛用者が多いナルゲンボトル。保冷も保温効果もほぼゼロですが、とにかく軽くて丈夫。カラビナを使ってザックの外側にぶら下げてる人も多いです。
高密閉&耐久性に優れているので飲み物だけでなく、ナッツ類などの行動食を入れる人も。自宅なら保存食(パスタなど)をいれておいたりもできます。ベーシックな500mlサイズなら1500円前後で購入できるのでちょっとしたプレゼントに最適。我が家は自分用にそれぞれ買ったものと、プレゼントでもらったご当地ナルゲンボトルで3本所持中。集めたくなる可愛さです。

 

Thermosサーモス

一番長く使っていて、いまだに最高の保温力を誇るのはサーモス(テルモス)です。山専ボトルも持ってますが、8時間以上経っても、まだ「熱い!」という温度をキープ!ほんとスゴイ。これなら多少重さがあっても山頂で暖かいコーヒーを飲むために持ってく価値あり。相方はいろんなボトルを使っても結局ここに戻ります。このサイズだと、車のカップホルダーに入れた時に、縦長すぎてバランスが微妙なのですが、保温重視のときは迷わずこれ。我が家にあるのは地味な色ですが、最近のは大人っぽい色も増えてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました