中央アルプス駒ケ岳ロープウェイで行く③最高のお天気!宝剣山荘周辺でのんびり散策&お昼ごはんからの下山

木曽駒ケ岳 千畳敷カール 10月 風景 画像 登山
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

↑強風でメデューサ化した1枚。

中央アルプス駒ケ岳ロープウェイで行く②本日のゴールは宝剣山荘!インスタ映えスポット多発!八丁坂をのんびり登る の続きです。

場所:千畳敷カール~宝剣岳
日時:2109年10月31日
天候:晴天

山荘手前で記念写真13:00~

稜線に出たところで、記念写真。じっとしてると寒さがビシビシ。山荘までもう少しなので、このまま移動します。

本日は、mont-bellのメリノウール(インナー)と、薄手フリースで登りました。厚手のフリースやハードシェルも持参したけど行きは出番なし。とりあえず山荘までこのままGO。

振り返ると岩場に積もった雪と、緑(ハイマツ)が残る風景。紅葉を楽しむなら10月中旬くらいまでが手堅いのかも。

宝剣山荘前から見た宝剣岳(山荘から20分)

宝剣岳山頂に人を発見。片道20分だから、行けなくはない。しかーし、みんなで行くのは厳しそうだったので、今回は山荘から眺めて終わり。

また来よう。今度は、テン泊だ~!(野望)

 

宝剣山荘のご飯・山荘価格のカップラーメン

たぶん、山荘なるものにほとんど来たことのないマダム。宝剣山荘のカップラーメン500円という価格に驚く。わかります。私も最初そうでした。これが山荘価格。

私はビーフシチューと、ご飯のセット1000円。

トイレは1回200円。確かこの時期は、天狗荘が閉鎖していて、宝剣山荘だけ営業していたかと思います。テント泊する予定の登山者や、山荘に宿泊する予定の方も何人か。

 

宝剣山荘の裏手に、映えポイント

 

天狗荘に向かう宝剣山荘の裏手で景色を独り占め!

↑宝剣岳を指さす相方

↑太陽からパワーチャージ!縁起の良い写真が撮れました。

このあと私は山小屋でみんなの荷物の番人に。帰りの運転を考えて少しだけうたた寝。このあと相方、山おじさん、マダムの三人で少し先まで散策。

視線の先は、サギダルの頭!?らしい。★確認中★

天狗荘に向かう道を少し進むと、少し雪が深くなったそうです。

帰りのロープウェイや、ゆとりをもった下山を考えると、今回のゴールはこのあたりに。

13:00頃に山荘に到着してから、ご飯食べたり、散策したりで2時間弱、雪山を堪能!そろそろ下山です。

 

宝剣岳周辺を堪能して下山14:49~

宝剣山荘の出入り口にある宝剣岳の初雪観測情報

今年は、2019年9月20日に初霜、初氷、初降雪を観測。例年に比べると早い!?ようです。今の状況だと、まだ「初冠雪」ではないみたいです。もっとがっつり降るんでしょうね。

 

中央アルプスの遭難・負傷程度と年齢

貼ってあったのは平成26年、平成27年の情報。赤字は死亡者、55歳、68歳、65歳。
宝剣岳に限ると負傷のみ。滑落、転倒、疲労、発病、落雷。んー落雷こわっ。。。

 

下りは日陰になった道をひたすら下山。

↑行きと同じ風景も、より硬派に感じます。冬のテント泊ってどんな感じなんだろ。

八丁坂を下って、そのまま遊歩道で剣ヶ池まで降ります。

ホテル千畳敷が近づいてきましたー

たまたま行き(私撮影)と同じあたりで高度チェック(相方撮影)奇遇だね。

帰りはホテル千畳敷を横目にもう少し下ります。

 

剣ヶ池にある千畳敷カール撮影ポイント

もう日が陰ってきたので、雰囲気が全然違いますねー。

剣ヶ池は鏡宝剣岳ポイント15:34~

風が止まる一瞬がチャンス!これ昼間だったらもっと鮮やかな絵が撮れそう!

千畳敷駅に戻って休憩がてらお土産タイム

朝とは違って、ほとんど人がいなくなったカフェスペース。観光で来る人は、午後早い時間には降りてしまうみたいです。

今回は、登った!という達成感は特にないのですが、天気も最高だったし、みんなでワイワイ過ごした時間が楽しくて、楽しくて。

結果、今までの登山で一番お土産買ってました。特に相方がTシャツ、長袖シャツ、お土産にタオルって、予想外の爆買い。いやほんと珍しい。私は、恒例のクリアファイルと、欲しかったナルゲンのご当地ボトルを発見したのでこちらをゲット。

詳しくはこちらで紹介しています↓

南大阪から中央アルプスまで車で日帰り!実際の走行距離やルート、お土産の備忘録(近日公開予定・作成中)

 

帰りのロープウェイは貸切

スタッフさんと、私たちだけで下ったロープウェイ。行きはほとんど景色を見てないので、かじりつく三人。

帰りもあっという間に到着。バスもほとんど待たずに乗れました。

駐車場到着17:35

駐車場に着くころにはもう真っ暗。お疲れ様でしたー。

 

おまけ:24時間フルに遊び倒したど。

この後は、そのまま帰ると、渋滞に直撃する時間帯だったこともあり、山おじさんの古くからの友人が経営するお店へ。長野県で22時くらいまで過ごしてから帰宅しました。この間に、相方は運転に備えて少し仮眠。食事も会話も楽しくて、ずっと笑ってました。充実した日帰りツアーになったと思います。

いくつになっても魅力的な人というのは、年を重ねても偉そうにならず、かといって卑屈でもなく。中庸でいて、探求心を持ちづけられる人。私たちもそういう生き方をしていきたいと感じました。日々精進ですねー。

 

千畳敷カールから宝剣山荘までのルート

 

最初から読みたい方はこちらから↓

中央アルプス駒ケ岳ロープウェイで行く①宝剣岳の直下にある千畳敷カール!登山初心者も秋を満喫できる絶景スポット
南大阪から弾丸日帰りの旅!中央アルプスにハイキング! もともと私たち夫婦と山おじさんの三人予定だった中央アルプス。 それぞれの仕事の都合もあり日帰り強行ツアーを計画していました。 そんななか、山おじさんが「お友達のマダムも・・・
中央アルプス駒ケ岳ロープウェイで行く②目指すは宝剣山荘!インスタ映えスポット多発!八丁坂をのんびり登る
中央アルプス駒ケ岳ロープウェイで行く①宝剣岳の直下にある千畳敷カール!登山初心者も秋を満喫できる絶景スポット の続きです。 場所:千畳敷カール~宝剣岳 日時:2109年10月31日 天候:晴天 駒ケ岳神社から遊歩道へ11・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました