magic woods

アウトドアに目覚めた40代の勝手気ままな"備忘録"

登山

金剛山の北ルート中尾の背~太尾西尾根

投稿日:2015年9月29日 更新日:

 

多彩なルートが魅力の金剛山

 

標高1,125m。大阪で一番高い金剛山。この山も修験道の開祖、役小角(役行者)が修行した山として知られています。今回はダイトレに続き2回目。金剛山はルートによっていろんな楽しみ方があると聞き、涼しげな沢周辺から山頂を目指すルートを選択。

 

登った山:金剛山

ルート:金剛山北ルート

葛城登山口(水越峠手前の公衆トイレのワンブロック上)~沢沿い(中尾の背)~六道辻~山頂広場~下山ルート(おそらく太尾西尾根)

注)金剛山愛好会さんのサイトで、ルートを確認しました。

行き→葛城登山口→中尾の背(外部リンク)帰り→太尾西尾根

かかった時間:未記録(休憩も入れて往復6時間程度)
駐車場:(登山口周辺・無料)

 

 

まだまだ水音が心地よい時期。適度な日差しと沢のせせらぎに癒されます。進行方向はどんどん沢登りモードに。そろそろ水場を歩くのが厳しくなりルート確認していると、山道を歩いていくおじさん発見!沢を少し戻って、高巻き。

 

沢の横を並行するようにしばらく歩いていたら、進行方向左手に滝が出てきました。

 

滝を横目に直進もできましたが、この先にはもっと大きい滝がある様子。この滝の横に、ロープが出ていたので、ルートを確認して滝の横から登ることに。

 

このあと、滝の上あたりに出ると思ったのですが、そうではなく。。

 

ロープと木の根っこを頼りに、手足を使ってよじ登ること数十分。登っている道はロープと木の根がないとずるずる滑りそうな急斜面。滑ったらさっきの滝までコロコロ落ちていきそう。思っていたよりも危ないルートだったというのが正直なところ。ひざって怖いと本当に「ガクガク」震えるという体験をした場所です。

 

やっと二本足で立っても怖くないところに出てきて少し休憩。

 

その後も急登が続きますが、恐怖でアドレナリンが出たのか、無駄に元気。

 

沢の音もほとんど聞こえないくらい登ってきました。

 

 

結果的にかなり刺激的で思い出深い山行となりました。が。雨の日、雨上がりは絶対通りたくない道。あと、下りで使うのも怖いな。

 

 

 

本日、お昼頃からののんびりスタートだったので、山頂着が15時頃。

 

 

お湯を沸かして、おにぎりとカップラーメンでご飯。

 

少し日が落ちかけてきたころで、太尾西尾根ルートから下山。

 

 

この時期の木漏れ日は優しく、下山するのが名残惜しくなります。今回は、登りで非日常的な恐怖体験、帰りは名残を惜しみつつ下山。金剛山では、この後ナイトハイク、沢登りといろんな山遊びスタイルを教えてもらいました。

 

この記事は過去の山行を思い出して書いています。最新情報や入山・交通規制など、ご自身でご確認ください。

金剛山の最新情報はこちらから
金剛山登山道情報

 

金剛山ほかルートも是非ご覧いただけると嬉しいです^^)

 

ルート崩壊!?金剛山カトラ谷~タカハタ道コース

残暑に沢三昧♪金剛山妙見谷ルート

ナイトハイク!金剛山・寺谷~シルバーコース

2015年大阪ダイヤモンドトレール・石版を巡るダイトレ

 

 

 

今年一年で登った山のまとめ記事

登山のまとめ2015-我が家のアウトドア元年-


 

-登山
-, , , , , , ,

Copyright© magic woods , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.